Macとかの雑記帳

ubuntu mt-daapd firefly

今回はiTunesサーバーを構築します。これまでの作業と同様にGUI操作のみで、コマンドは使用しません。

前回は「IPアドレスの固定とリモートデスクトップ」を設定し、Macから遠隔操作で管理できる状態にしました。今回はSambaでMacとubuntu間でファイルを共有できるようにしていきます。

ubuntu サーバー

Macばかりなので、たまにはubuntuを。「サーバー構築」というと、かなりハードルが高そうに聞こえますが、最近のLinuxはそうでもないんです。家庭内でファイル共有する程度なら、コマンドを使うことなくGUI操作のみで簡単に構築できます。

Wake on lan とは、別のパソコンから電源をONにしたり、スリープを解除する機能のことです。以前挑戦したときの設定などをメモ。

scuttleを導入したばかりですが、scuttleの強化版SemanticScuttleというのを知り、古いのは嫌なので切換えました。思いのほか情報が少なく苦戦したのでメモ。

ubuntuからMacへのコピーは問題無いのですが、その逆が完全におかしなことになりました。コピーできるファイルとできないファイルが存在し、ファイルの書き込み権限が無いといった旨のエラーを吐くようになってしまいました。

設定ファイルでパス無しログインを許可するのではなく、RSAキーを生成する際にパスフレーズ無しでキーを作り、パス無しでログインするという方法です。