Macとかの雑記帳

AirMacでネットに接続できない場合のトラブルシューティングがOSX Dailyに掲載されていました。いつか役に立つかもしれないのでまとめておきます。

[2012年11月29日] 追記

Mountain Lion や Lion をお使いの方は、以下の記事も参照してみてください。
MacのWi-Fiが無線LAN接続できない時の対処法12個まとめ

Ethernet(有線接続)でつないでみる

AirMacを切り、Ethernetケーブルでルーター等に接続してみます。それでもネットに接続できない場合は、ルーターやMacの設定が間違っている可能性が有りますので、もう一度確認してください。

Macのネット設定については、WindowsからMacへ乗り換える。インターネット設定編。が参考になるかと思います。

最新のアップデートを適用する

OSのバグでネットに接続できない場合もあるらしいので、アップデートをする事によって直ることもあるそうです。

ルーターや、Airportカードのファームウェアをアップデートする

OSと同様に、最新版のアップデートが適用されているかどうかを確認します。各機器の取扱説明書に従って実施してください。

IPアドレスを固定にしてみる

デフォルトの状態では、ルーターからランダムに割り当てられるIPアドレスを使用してネットに接続するようになっているのですが、それを自分で決めてしまいます。

こちらに関しては、Mac:Safariが「サーバーが見つかりません」とか言いだす件。IPアドレス固定編が参考になるかと思います。

AirMacを再起動してみる

システム環境設定、またはメニューバーからAirMacを再起動(OFF→ON)してみます。

AirMacの設定を削除し、もう一度作成してみる

設定削除後、念のためOSを再起動した方が良いかもしれません。

新しい接続先を作成してみる

接続先を新しく作成してみます。

AirMacの設定や、接続先の作成に関しては、過去記事が参考になるかと思います。

DNSキャッシュを削除してみる

OnyXMainMenuを使うか、ターミナルで下記コマンドを実行します。

$ dscacheutil -flushcache

暗号方式を変更してみる

無線LANは送受信される情報をWEP、WPA、WPA2といった方式で暗号化しています。 その設定を現在の設定から別のものに変更してみます。

ルーターの機種によって設定方が異なりますので、各機器の取扱説明書に従って実施してください。

暗号化を無効にしてみる

ルーターの機種によって設定方が異なりますので、各機器の取扱説明書に従って実施してください。

無線モードを変更してみる

IEEE 802.11a、IEEE 802.11b、IEEE 802.11g、IEEE 802.11nといった無線の通信規格を変更することです。

ルーターの機種によって設定方が異なりますので、各機器の取扱説明書に従って実施してください。

無線LANのチャンネルを変えてみる

無線LANのチャンネルは自動で割り当てられる場合がほとんどではないかと思いますが、住宅密集地などではチャンネルがご近所と重複してしまうことで、ネットに接続できなくなる場合があります。

そのような場合は、AirMacが接続可能な範囲内で使用されているチャンネルを確認し、もし重複しているのであれば別のチャンネルを設定する必要があります。

「システム環境設定」「ネットワーク」と進み、下の様にAirMacをONにし、メニューバーにAirMacの状況が表示されるようにします。

メニューバーのAirMacアイコンをoptionを押しながらクリックしてネットワーク名にカーソルをあわせると、AirMacが接続可能な範囲内で使用されているネットワークと、チャンネルが確認できます。

ターミナルで確認する場合は、AirMacがONの状態で下記コマンドを実行します。

$ cd /System/Library/PrivateFrameworks/Apple80211.framework/Versions/A/Resources/

$ ./airport -s

コマンドを実行すると、下の様にチャンネル等が確認出来ます。

↑画像クリックで拡大します。

もし重複しているようであれば、ルーターでチャンネルを変更します。機種やメーカーによって設定方が異なりますので、各機器の取扱説明書に従って実施してください。

ルーターやモデムをリセットしてみる

初期化のことです。私のルーターでは「工場出荷時設定に戻す」となっています。

設定ファイルを削除してみる

~/Library/Preferencesから、以下2つのファイルを削除します。

com.apple.internetconfigpriv.plist
com.apple.internetconfig.plist

HomeディレクトリのSystemConfigurationフォルダ内のファイルを削除してみる

下記フォルダ内にある全てのファイルを削除し、OSを再起動します。

~/Library/Preferences/SystemConfiguration/

OSX Dailyの記事では上の様な説明になっているのですが、私の環境(iMac mid2007 OSX10.6.6)では、上記のフォルダは存在しませんでした。

PRAMをリセットしてみる

command option P R を押しながら起動、または再起動します。

SMCをリセットしてみる

Macの機種によってやり方が違うので、Intel-based Macs:SMC (System Management Controller) のリセットを参考にしてください。

引用元:How I fixed my dropping wireless Airport connection problem in Snow Leopard

スポンサード リンク