Macとかの雑記帳

デフォルトのアプリケーションフォルダに100個、別ボリュームに作成したアプリケーションフォルダに200個、計300個のアプリ。使っていないアプリがほとんどなので、整理するために、必要なアプリをリストアップしてみました。


※標準装備のアプリは除外してます。

ブラウザ

Google Chrome:最近メインで使っているブラウザ。状況によってSafariと切り替えてます。


Firefox:今はブログのチェックにしか使ってませんが、Windows時代からお世話になっているブラウザです。


Stainless:何かが暴走してる悲惨な状況下で、調べものをする時に使用してます。



エディタとか

CotEditor:高機能で使いやすいプレーンテキストエディタ。Mac純正テキストエディットのかわりにつかってます。


mi:CotEditor等で開けないファイルを開く時に使ってます。


Microsoft Office for Mac「有料」:MS OfficeのMac版。これの2008を使っています。



Webとかブログとか

Coda「有料」:私のような素人でも使えてしまう、高機能なWeb開発用エディタ。


Transmit「有料」:Mac用のFTPクライアントとしては最強だと思います。Codaとの連携が良い感じです。


HexColor:RGB値をクリップボードに入れてくれるアプリですが、ColorPickerを単体で起動したい時に使ってます。


ANTETYPE Color Picker:HSB、RGB、16進数の数値を表示してくれる、Color Pickerプラグイン。


xampp for mac os x:ローカルでWeb環境を構築するのに使用してました。今は、サーバ機のWordpressを丸ごとバックアップする為だけに使用してます。


AppleScriptHTML:Applescriptのソースをhtml、css形式に変換し、更にスクリプトリンクまで作成してくれる素敵なアプリ。



画像編集とか

Image Tricks「有料」:※機能制限の無料版も有ります。画像にエフェクトやフィルタを適用して編集するアプリ。


Skitch「有料」:※機能制限の無料版も有ります。画像に文字や記号を入れたりするのに使ってます。無料版で十分です。


SimpleCap:スクリーンショット撮影アプリ。高機能なのに使いやすいです。


見た目変更

LiteIcon:システムアイコンを変更するアプリ。


Dock Library:Dockのデザインを変更するアプリ。


Img2icns「有料」:※機能制限の無料版も有ります。画像ファイルをアイコンに変換するアプリ。無料版で十分です。


Telling Folders:フォルダアイコンに画像を貼付けるアプリ。フリーだったのですが、最新版は有料(115円)ですね。※サムネイルとアプリ名は無料版へのリンクです。



動画関連

VLC:メインで使っているプレーヤー。


ffmpegX:動画をエンコードするアプリ。


OSEx:リッピングするアプリ。他に良いアプリがあるかもしれませんが、これで慣れてしまったので使ってます。


システム環境設定

AppTrap:アプリ削除用。最近は別のものを使ってますが、念のため残しているもの。


iMac Fan Control:夏場対策に。


StartupSound.prefPane:起動音の音量調整。


Growl:Macを素敵にしてくれるもの。


TCPBlock:Firewallの設定に使うもの。


MagicPrefs:MagicMouseの機能を大幅に拡張。これがないとカーソル速度が遅すぎて困るので使ってます。


Perian:QuickTimeの対応フォーマットを拡張するもの。


Secrets:Macの隠し設定を変更するもの。


FinderPop:コンテクストメニュー(右クリック)の機能を拡張するもの。



バックアップ

Carbon Copy Cloner:Macの起動ボリュームを丸ごとバックアップしてくれるアプリ。


Winclone:MacからWindowsの起動ボリュームを丸ごとバックアップしてくれるアプリ。※開発元が閉鎖してしまっているので、過去記事のリンクを貼ってあります。


SyncTwoFolders:フォルダ単位でのバックアップや同期をするアプリ。サーバとMac間で、容量の大きいファイルを移動したい時に使ってます。



圧縮、解凍

Stuffit Expander:メインで使っている老舗アプリ。多機能の有料版もありますが、無料版のほうがいいです。有料版だと、機能が有りすぎて使いづらいです。


The Unarchiver:こちらの方が評価が高いようですが、私の環境だと頻繁に固まります。


Keka:アイコンが気持ち悪いです。


メインで使っているのはStuffitですが、それで解凍できなかった時に、他の2つで試してみるという使い方をしてます。それでもダメな場合はLinuxです。別のOSで試すと、解凍できる場合があるので。



ウィルス対策

ClamXav:Unix用アンチウィルスソフトのMac版。


Sophos:企業等の大規模ネットワーク環境を主としてるアンチウィルスソフト。



ダウンローダ

Cabos:LimeWireのMac版になるんでしょうか。胡散臭いファイルが大量にアップされてるので、Clam等の機能チェック用ウィルスを捕まえるのに使ってます。



メンテナンス

AppleJack:フリーのメンテナンスツール。たぶん最強ではないかと思います。どのような物かは過去記事を参照してください。


MainMenu「有料」:GUIでメンテナンスする場合はこれで実施してます。


CleanMyMac「有料」:アプリの削除用に使ってますが、キャッシュや不要なファイルの削除、ゴミ箱の監視等してくれるので便利です。


メモリ解放:Applescriptで作成したものを使用してます。



サーバ関連

Munin:ブラウザでサーバのシステムを監視するソフト。MacPortsで導入します。


Transmisson Remote GUI:サーバ上のTransmissionを遠隔操作するのに使ってます。詳しくは過去記事を参照してください。


sshとvnc接続:Applescriptで作成したものを使用してます。



RSS

Reeder:iPhone、iPad用RSSリーダーのMac版。



システム監視

iStat Menus「有料」:メニューバーにシステムの状況を表示してくれます。現在のv3.0から有料になってしまいましたが、v2.0までは無料でした。



Viewer

cooViewer:PDFとか画像を見るのに使用。


Simple Comic:これもPDFとか画像を見るのに使用。



Webサービス

Evernote:オンラインのメモ帳的なもの。


Dropbox:オンラインストレージ。



機能拡張とか

Quicksilver:アプリケーションランチャー。アプリ起動にしか使ってません。


Expogesture:マウスジェスチャー。


ClipMenu:クリップボードの機能を強化してくれるアプリ。


Finder Toolbar ScriptsわかばマークのMacの備忘録のwakabaさんが自作されたApplescriptの詰め合わせ。とっても便利なので使わせてもらってます。


WideMail:Mailの画面を縦3分割にしてくれるプラグイン。



パスワード管理

1Password「有料」:多機能で使いやすいアプリ。UIやアニメーションが素敵です。



その他

QaLL:起動中のアプリを一気に終了したり、起動したりするアプリ。Quicksilverで呼び出して使ってます。


VMware Fusion「有料」:起動中のMac上で、WindowsやLinux等を起動できる仮想PCソフト。Mac上で動かすMacが一番相性が悪く、げんなりするという噂。

スポンサード リンク