Macとかの雑記帳

BootCampで作成したボリュームにWindowsをインストールしたら、Macが消えてしまったそうです。ちょっと信じられないような症状ですが、Mac OS X Hintsに掲載されてました。

 

症状をざっくり意訳すると…

  1. Mac OSX 10.6:276GB、Windows XP:5GBで使っていたが、Windows側をBootCampアシスタント(以後BCAと呼称)で一度消し、同じくBCAにて16GBで作成し直す。

  2. 作成した16GBの方にWindowsXPをインストールしてる途中に、ボリューム(ドライブ)が一つしか表示されていないことに気づく。(通常はMacの入っているボリュームも表示されます。)

  3. Windowsインストール後、Optionを押しながら起動してみたが、Windowsしか表示されない。

  4. 次にMacのインストールディスクで起動し、ディスクユーティリティで見たところ、MacだけでなくWindowsも表示されない。


間違えてMacの上にWindowsを上書きしてしまった訳ではないのに、Macが消えてしまったということです。


こうなると、Macをインストールし直すか、バックアップから復元するしかなさそうですが、掲載された方はGParted Live CDでMacを起動してみたそうです。

GParted Live CDとは、Linux版ディスクユーティリティのような物で、CDやDVDから起動して、HDDのパーティションを操作するLinuxOSです。

Linux、Unix、Mac、Windowsの各フォーマットに対応しているので、OSに左右されないユーティリティソフト。


clam.png


これで起動したところ、Mac、Windows双方のボリュームが表示されたので、Windowsの方を消去し、Macを再起動したところ、無事にMacのデータが復活したそうです。

このようなケースは稀だと思いますが、何かあった時のために、持っておいた方が良いと思います。
私は、Mac、Windows、Linuxで何度もお世話になってたりします。




コマンドラインでの操作に慣れていないと、たぶん起動できないかもしれないので、起動と終了のやり方を書いておきます。

GParted Live CDの起動と終了

CD等から起動すると、下の様な画面が表示されます。clam.png

最初から選択された状態になってると思いますが、一番上のGparted Live (Default settings)にカーソルを合わせEnterを押す。



起動プロセスが色々と表示された後、下の画面になります。clam.png

ここも最初から選択された状態だと思いますが、上から二番目のDon't touch keymapにカーソルを合わせ、Enterを押す。



次は言語の設定画面が表示されます。clam.png

日本語で使うのであれば、上の様に15と入力しEnterを押せば日本語表示になります。



言語設定の次は、起動モードの設定。clam.png

ここでは0を入力してEnterを押してください。0以外を選ぶと、たぶん面倒くさいです。



これでデスクトップ環境で起動されると思います。clam.png

終了する場合は、まず画面左上にある、赤い四角アイコンのExitをダブルクリックします。



すると、下の様に小ウィンドウが表示されます。clam.png

ここでShutdownを選び、右下のOKを選択します。



色んな英文が表示された後、下の様な画面になります。clam.png

ここでCD等を取り出し、何も入力せずにEnterを入力すれば終了できます。

スポンサード リンク