Macとかの雑記帳

wifi_fix_00

Mountain Lion や Lion で、Wi-Fi(旧AirMac)がインターネットに接続できない場合の対処方です。OS X Dailyなどに掲載されてる対処法をまとめてみました。

photo credit: woodleywonderworks via photopin cc

1. IPアドレスを固定にしてみる

Wi-Fiの設定を「DHCP サーバを使用(アドレスは手入力)」にし、IPアドレスを手動で設定します。

wifi_fix_01-02

2. ネットワークサービスの順序を変更してみる

サービスの順序を変更し、Wi-Fiが一番上になるように変更します。

wifi_fix_07

wifi_fix_08

3. ルーターの優先順位を変更してみる

LAN内に複数のAPがあるなら、接続に使うAPの優先順位を上げます。

wifi_fix_09-02

4. ネットワーク環境を作り直す

ネットワーク環境を作りなおすことで繋がるようになったり、速度が早くなることがあるようです。

「システム環境設定」「ネットワーク」を開き、「ネットワーク環境を編集…」をクリックします。

wifi_fix_01

をクリックして設定を追加し…

wifi_fix_02

デフォルト値の「自動」を削除します。

wifi_fix_03

5. ネットワーク環境を作成しDHCPリースを更新

ネットワーク環境を新規で作成し「ネットワーク名」で接続するルーターを選択したら、「DHCP リースを更新」を実行します。

wifi_fix_04

6. DNSサーバを設定してみる

DNSサーバのアドレスを手動で設定します。よく分からなければ、GoogleパブリックDNS(8.8.8.8,8.8.4.4)を入れとけばいいと思います。

wifi_fix_10

7. 手動で設定してみる

Wi-Fiの設定を「手入力」にし、全て手動で設定します。やり方は過去記事を参照してください。

wifi_fix_05

8. MTUのサイズを変更してみる

MTUとは一度に送信可能なパケットの上限値で、回線事業者によってサイズが異なります。これを環境に適したサイズに変更すると、繋がる場合があるそうです。

Speedguide.netで、接続してる回線のMTU値を調べます。

wifi_fix_06-01

「システム環境設定」「ネットワーク」「詳細…」と進み「ハードウェア」タブを選びます。

構成を「手動」、MTUを「カスタム」にし、調べた値を入れます。

wifi_fix_06-02

9. キーチェーンアクセスの項目を削除

キーチェーンアクセスに保存されてるルーターのパスワードを削除し、再度接続してみます。

wifi_fix_10-02

10. 無線LANのチャンネルを変更してみる

住宅密集地などでは電波干渉が原因で接続できないケースもあるので、無線LANルーターでチャンネルを変更してみます。

最初に、Macが接続可能な範囲で使われていないチャンネルを調べます。メニューバーにWi-Fiを表示してるなら option を押しながらクリックし「Wi-Fi 診断を表示…」を選択。

wifi_fix_12-02

もしくは、/System/Library/CoreServices/ にある「Wi-Fi診断.app」を直接起動し…

wifi_fix_11

メニューバーの「表示」から「Wi-Fiスキャン」をクリックします。

wifi_fix_12

Lion の場合は「パフォーマンスを監視 「続ける」と進んでください。

Macが接続可能な範囲内にある無線LAN機器が表示されるので、使われていないチャンネルを調べます。

調べたチャンネルを無線LANルーターに設定します。

注意

付近の無線LAN機器が多いと、チャンネルを変更しても干渉を防ぐのは難しいかもしれません。もしルーターが5GHz帯に対応しているなら、そっちで設定してみてください。

wifi_fix_15

5GHz帯はチャンネル数が多い上に対応してる機器が少ないので、干渉されることはまず無いと思います。下のように a(IEEE802.11a 規格)と書いてあれば5GHzに対応してます。

BUFFALO AOSS2 11ac技術/n/a/g/b 無線LAN親機 【iPhone5対応】 WZR-D1100H

価格:18,690 価格:12,798円  Amazon

 

11. IPv6を「リンクローカルのみ」にしてみる

「IPv6 の構成」を「リンクローカルのみ」にしてみます。IPv6を無効にするのと同等の設定です。

wifi_fix_16

12. Snow Leopardのドライバを使う(上級者向け)

Rys Sommefeldtというサイトの方によると、Snow LeopardのWi-Fiドライバと入れ替えることで、問題が解消される場合があるそうです。この方法で直ったという報告もいくつか見かけます。

osx wifi driver io80211.kext

同サイトではSnow Leopardのドライバ(Atherosチップ用)と、インストール用のスクリプトなどを配布してます。試してみたい方は以下からどうぞ。
OS X Mountain Lion Wi-Fi Issues - Rys Sommefeldt
Mac OS X Lion Wi-Fi problems - Rys Sommefeldt


無線LAN関連のトラブルについては、Snow Leopardの頃に書いた以下の記事も参考にしてみてください。
Mac:AirMacがインターネットに接続できない時の対処法のまとめ


参考リンク:
WiFi Dropping in OS X Lion? Here are Some Wireless Troubleshooting Solutions
Fix OS X Mountain Lion Wireless Connection Problems

スポンサード リンク