Macとかの雑記帳

ff00

毎度のことですが、iTunes10.5へのアップデートに伴い、iTunesサーバーのfirefly (mt-daapd) が使えなくなりました。

この不具合を解消するパッチがApple Support Communitiesにアップされてましたので、これを使ってfireflyを使えるようにします。

検証環境

サーバー:
Ubuntu 10.04 Desktop
Ubuntu 10.04 Server

クライアント:
Mac OS X 10.7.2 Lion

必要なものをインストール

パッチを当てるのでソースからビルドします。ビルドに必要なものと、ついでにfireflyが依存するパッケージもインストールします。

$ sudo aptitude install devscripts debhelper dpatch libflac-dev libvorbis-dev libmpcdec-dev libavcodec-dev libavformat-dev libid3tag0-dev libtagc0-dev libavahi-client-dev libsqlite3-dev libjs-prototype libjs-scriptaculous avahi-daemon

※:apt-get だと最後の3つのパッケージの依存関係が解決できず、エラーが出るかもしれません。

パッチを当ててビルドする

既にfireflyが入っている場合は止めておきます。

$ sudo /etc/init.d/mt-daapd stop

 

次に、作業用のディレクトリを作成してソースをダウンロードします。例として、ホームディレクトリにmt-daapdというディレクトリを作成し、その中で作業していきます。

$ mkdir ~/mt-daapd
$ cd ~/mt-daapd
$ apt-get source mt-daapd

 

Apple Support Communitiesよりパッチをダウンロードして適用します。

$ cd ~/mt-daapd/mt-daapd-0.9~r1696.dfsg/debian/patches/
$ wget http://www.zero-factorial.com/coding/21_itunes10.5.dpatch
$ echo 21_itunes10.5.dpatch >> 00list

 

パッチを当てたらビルドします。

$ cd ../..
$ dch -i "Fix for iTunes 10"
$ debuild -uc -us

firefly(mt-daapd)をインストール

ビルドが無事終わると、~/mt-daapdディレクトリ内に.debという拡張子のファイルが作成されるので、これを使ってインストールします。

$ cd ~/mt-daapd
$ sudo dpkg -i mt-daapd_0.9~r1696.dfsg-15build2_i386.deb

 

これでiTunes10.5でもfireflyが使えるようになると思います。

参考Link:
iTunes 10.5 does not load shared library files: Apple Support Communities
How to Fix iTunes 10 Break Firefly / mt-daapd

スポンサード リンク