Macとかの雑記帳

MacAppStoreでWebインスペクタを使えるようにする方法

サイトのHTML構造や、CSSレイアウト等をチェックすることができる「Webインスペクタ」機能を、MacAppStoreでも使えるようにする方法がOSXDailyで紹介されていました。

普通のユーザーには縁の無い機能だと思いますが、CSSの勉強をしている方や、Apple風のデザインを自分のサイトに取り入れたいと思っている方は参考程度に見てみてはいかがでしょうか?

MacAppStoreでWebインスペクタを有効にする

MacAppStoreでWebインスペクタを有効にするには以下のコマンドを実行します。

defaults write com.apple.appstore WebKitDeveloperExtras -bool yes

 

コマンド実行後、MacAppStoreを起動して適当なところで右クリックすると「要素の詳細を表示」という項目が追加されているので、それをクリックします。

MacAppStoreでWebインスペクタを使う。

 

クリックすると、下のようにMacAppStoreでも各要素の詳細を見ることができます。

MacAppStoreでWebインスペクタを使って要素の詳細を見る。

元の状態に戻す

元に戻す場合は、上のコマンドのyesをnoに変えて実行するか、下記を実行して設定を削除します。

defaults delete com.apple.appstore WebKitDeveloperExtras

 

旧式のSafariでWebインスペクタを有効にするのと全く同じ方法なので新しい技ではないのですが、MacAppStoreでも使えるということで。

参考Link:Enable Element Inspector in the Mac App Store

スポンサード リンク