Macとかの雑記帳

前回前々回はAlfredが備えているランチャ機能に関するものでしたが、今回は、外見やキーボード設定といった、Alfred.app本体に関する設定です。

Alfred 関連の他の記事

Alfred の無料版でつかえる機能の使い方と設定

Alfred の Powerpack でつかえる機能の使い方と設定

 

Table of Contentsこの記事の目次

General:Alfredの基本設定

Keybord:キーボード設定

Appearance:見ための設定

Advanced:その他設定



:検証には Alfred(Powerpack) v0.9を使用してます。


General:Alfredの基本設定


Alfred環境設定-General.png

1 Startup

チェックを入れるとログイン時にAlfredが自動で起動します。



2 Alfred hotkey

Alfredの起動に使用するホットキーを設定します。デフォルトは Option + Space です。



3 Where are you

住んでいる国を設定します。これは、Web検索の際にどの国の検索エンジンを使うかの設定らしいです。



4 Shutdown

クリックするとAlfredが終了します。



目次に戻る




Keyboard:キーボード設定


※Alfred 0.9.1 から General 内の設定になりました。


入力ソースや、ショートカット等の設定を変更できます。
clam.png

1 Force Keybord

Alfred起動時に、ここで設定した入力ソースに切り替わります。

例えば、上のようにローマ字を設定した場合、OSX 側の入力ソースが日本語入力であっても強制的にローマ字入力に切り替わります。

Alfred-moji

Alfred を閉じると、元の入力ソースに戻ります。


2 Action Modifier

検索結果で使用する装飾キーに、CommandControlのどちらかを割り当てます。

alfred-key


3 検索で使うホットキーのアクション

検索時に使用できるホットキーにアクションを割り当てます。

使用できるホットキーは以下の3つです。

Alt/Option+Return(デフォルト:Web検索)

Control+Return(デフォルト:Spotlight検索)

Command+Return(デフォルト:未割当て)



使用できるアクションは以下4つです。

  1. Search with default web search:Web検索

  2. Search with Spotlight:Spotlight検索

  3. Action all visible result:検索結果を全て実行

  4. Reveal in Finder:選んだ項目をFinderで表示

3は、検索結果によっては複数のアプリが同時に起動したり等、かなりの負荷がかかる場合があるのでオススメしません。




Tweaking


有料のPowerpackで使える File Navigation に関するキー設定です。
clam.png

FileNavi を多用するなら、ここの設定を有効にしておいた方が使いやすいと思います。


目次に戻る




Appearance:外観の設定


Appearance:General


Alfredの外観に関する基本的な設定を変更できます。
clam.png

1 Hide hat on Alfred window

検索窓右側に表示されるAlfredの帽子アイコンを非表示にします。

alfred-hat-icon


2 Hide prefs cog on Alfred window

環境設定を表示する、検索窓右上の小さいギアのようなアイコンを非表示にします。

clam.png


3 Hide menubar icon

メニューバーに表示される帽子アイコンを非表示にします。

hat_on_menubar


4 Remember last typed query

最後に検索した語句を削除せずに記憶します。



5 Remember window position

検索窓の場所を記憶し、次回Alfred起動時に同じ場所に表示します。



6 Fade in Alfred window

チェックを外すと、検索窓を表示する際のフェードインアニメーションがOFFになります。



7 Auto-heighlight top result

検索結果を表示した際に、一番上の項目を自動でハイライトするかどうかの設定です。



8 visible result items

検索結果の表示数を、1~9個の間で設定できます。



9 Show indicator when there are more rows

open や find で検索した際、検索結果が多いと表示されるスクロールバーを表示するかどうかの設定です。

clam.png

かなり見づらいので、あっても無くても大して変わらないと思います。





Appearance:Theme


背景や、文字の色等のデザインを変更できます。
clam.png
色を変更したい箇所をクリックすると、カラーパネルが表示されるので、好きな色に変更します。



自分で作成するのが面倒な場合は、作成済みのテーマがAlfred tipsに大量に紹介されているので、そこからダウンロードします。ちなみに、上のFacebook風のテーマはAlfred tipsで入手したものです。
Themes|Alfred tips


目次に戻る




Advanced:その他設定


clam.png

1 OS X Metadata

Alfredが検索に使用している OSX のメタデータインデックス(Spotlightが検索に使う索引)を再構築します。Alfredの検索結果がおかしい時に実施します。



2 Results

Spotlightコメントに、「alfred:ignore」と書かれているファイルを検索対象から外します。

clam.png


3 Learning

頻繁に検索する項目を記憶して検索結果の上位に表示されるようにしているのですが、その記憶した履歴をリセットします。



4 Logging

ログの設定。デフォルトはログを記録しない設定になっています。



Special

英語で「押すな」と書かれてますが、押すとyoutubeの動画が貼ってあるページに飛ばされます。よく分かりません。




参考Link:
Alfred App Help
Alfred tips


スポンサード リンク