Macとかの雑記帳

前回前々回はAlfredが備えているランチャ機能に関するものでしたが、今回は、外見やキーボード設定といった、Alfred.app本体に関する設定です。

前回はAlfredの無料版で使える機能のみでしたが、今回は Powerpack を購入すると使えるようになる機能です。

多機能ランチャ、Alfredの使い方と設定です。Quicksilver程の拡張性はありませんが、欲しい機能は一通りそろっている上に、使い方や設定がシンプルなので初心者の方でもすぐに使えるランチャではないかと思います。今回は無料版でつかえる機能のみで、有料のPowerpackに関しては次の記事で紹介します。

ClamXav に含まれている ClamAV は、ClamXav のバージョンが上がらない限り古いままです。ClamAV の最新版がリリースされて暫く(大概1ヶ月くらい)すれば ClamXav もバージョンが上がるので放っておけばいいのですが、常に最新の状態にしておきたい場合は ClamAV を単体でインストールします。

Mac OSX 10.7 Lion を VMware Fusion にインストールして使う方法

Howto install OSX 10.7 Lion in vmwareで紹介されている、OSX 10.7 Lion を VMwareFusion にインストールする方法です。

MacPortsの基本的なコマンドと、個人的に使いそうなコマンドのまとめです。後で見返せるように「設定、導入」と「コマンド」の2つに分けてまとめた記事の2つ目です。前回はMacPortsの導入と設定を。今回はコマンドについてです。

MacPorts

OSX 版パッケージ管理システムのMacPorts。普段殆ど使わない為か、Linuxのaptと混同してしまい訳が分からなくなるので、後で見返せるように「設定、導入」と「コマンド」の2つの記事に分けてまとめました。今回はMacPortsの導入と設定を。コマンドについては次の記事にまとめてあります。

Googleリーダーの見ためを変更してくれるPure Reader。Googleのページにメニューバー(?)の様なものが追加された為か、レイアウトが崩れたり、PureReader自体が無効になったりします。SafariやFirefox版は問題ないのですが、Chrome版は開発が止まっているらしく旧バージョンのままなので、今のところ拡張機能としては使い物になりません。

google chrome update

Chrome の自動アップデートを有効/無効にしたり、更新間隔を任意の時間に指定する方法です。以前は自動でアップデートしていたのですが、いつの間にか自動アップデートが無効になってました。環境設定あたりから切り替えが出来た気がするのですが、そんな項目は無いようなので、どうすればいいのか調べてみました。

XAMPPやMAMPを使えばMacでも簡単にLAMP環境を導入することができますが、それらを使わずに構築する方法です。LAMP構築には[Apache] [MySQL] [PHP/Perl/Python] が必要ですが、MacはデフォルトでApacheとPHP/Perlが導入されているので、MySQLとデータベース管理用にphpMyAdminを入れてLAMP環境を構築します。ついでにバーチャルホストの設定をしてサイトごとに専用のドメインを割り当てます。