Macとかの雑記帳

defaults Macの隠し設定

vallogさんのターミナルに黒魔道士という記事で紹介されている、ターミナル上にFFキャラを表示する方法です。面白かったのでMacのターミナルでやってみました。

speedup_terminal_launch_00

ターミナル.appを起動してから、使えるようになるまで時間がかかる(プロンプトの表示が遅い)場合の対処法です。

terminal_tips_00

OSXDaily の9 Command Line Tricks for Mac OS X You Should Knowという記事に掲載されてた、コマンド関連の9個の小技です。開発などでターミナルを常用してる人はもちろん、普段使っていない方も、知っておいて損はないかなと思います。

今回紹介する一部のコマンドは、Xcode、またはCommand Line Toolsをインストールしていないと使えないので注意してください。

photo credit: scanlime via photopin cc

情報を見るウィンドウをターミナルから開く

コンテクストメニューの「情報を見る」ウィンドウを、ターミナルから実行するスクリプトです。ls -l などで確認できない、Mac固有の情報を見たいときに便利かなと思ったのでメモです。

よく使うコマンドを使用回数が多い順に表示する方法です。 OSXDailyに掲載されてたのですが、ちょっと面白かったので紹介です。

Macでmake installするなら「gnu stow」で管理すると便利!

photo credit: [ henning ] via photopin cc

gnu stow(以下 stow)はソースから"make install"で入れたソフトを管理するツールで、Macでも使えるLinuxのpacoみたいなソフトです。

管理したいソフトを/usr/local/stowにインストールし、そこからリンクを貼るだけのシンプルな作りです。アンインストールや、同じソフトの異なるバージョンの使い分けが簡単に行えます。

自前ビルドしたものは管理が困難でアンインストールするとき厄介です。Macではpacoが使えないので似たようなソフトを探してたのですが、Glide Noteさんで紹介されてた$ stowがいい感じだったので備忘録です。

非使用メモリを解放する「purge」を使ったシンプルなスクリプト

photo credit: fotoamater.com via photopin cc

非使用中のメモリが指定した数値より大きいときだけ$ purgeを実行し、結果を表示するスクリプトです。purgeを実行しても何も表示せず味気ないので、普段これを使ってます。どこで拾ったかは忘れました。

jmanを使わずにMacのmanを日本語化する方法

OS X 10.8 Mountain Lion の man を日本語化したときの備忘録。一昔前までパッチを当ててビルドする必要がありましたが、今は groff の最新版を入れて設定をちょっと変えれば日本語を表示できます。

英語と日本語、両方のmanページを見れるようにしとくと、使い方を知りたいときに便利です。

TAR などの解凍・圧縮コマンドの使い方まとめ

Linuxで割とお世話になる tar コマンド。これの使い方をよく忘れるので、覚えるために記事にしました。ついでに  zip  rar  gzip  bzip2  xz の使い方と、解凍・圧縮で使いそうなコマンドをまとめて一覧表にしてみました。

zipとrarはファイルの分割や修復などができるので、知っておいて損は無いと思います。それ以外は単体での使い方を知りたかったので備忘録です。

rm コマンドでゴミ箱に捨てるようにする方法

$ rmコマンドで削除したファイルやフォルダは、基本的に元に戻すことができません。ちょっとした誤操作が致命的なトラブルを巻き起こす可能性も。「rm」でゴミ箱に捨てるようにし、自爆によるトラブルを回避できるようにしてます。

$ rmtrashや、$ trash-cliといった「ファイルをゴミ箱に捨てるソフト」を Mac や Ubuntu にインストールして、「rm」コマンドとして機能させます。